JFE ミネラル 株式会社

  • お問い合わせ
  • サイトマップ
  • Japanese
  • English

高炉スラグ細骨材

コンクリート用高炉スラグ細骨材

環境に優しいコンクリート用高炉スラグ細骨材

無尽蔵にあると思われていた天然の砂も、年々良質なものの入手が難しくなってきており、コンクリートの強度や耐久性の低下が懸念されています。このため高炉スラグから造られる砂に大きな期待がかけられています。
高炉スラグ細骨材は、昭和56年にJIS A 5012として認定され、さらに日本建築学会、土木学会の指針にも定められました。現在では、JIS A 5011-1(コンクリート用スラグ資材)として改定され、JIS A 5308(レディーミクストコンクリート)にも定められています。
当社の高炉スラグ細骨材は天然砂の代替として、お使いいただける環境に優しい材料です。

製品の特徴

  • ■JIS規格に適合
    JIS A 5011-1(コンクリート用スラグ骨材)に適合します。
  • ■安定した品質
    十分な品質管理のもとで製造された工業製品です。
  • ■受け入れ検査を省略
    JIS認定のコンクリート工場でも、当社の試験成績表によって、受け入れ検査を省略できます。
  • ■塩化物、有機不純物、粘土、貝殻等を含まない
    コンクリートの強度、耐久性に影響を及ぼす塩化物、有機不純物、粘土、貝殻等を含みません。
  • ■材齢を経るほど強度が増加
    材齢7日、及び28日では、天然の砂と同程度の圧縮強度が得られます。さらに材齢を経るほど強度の増加がみられます。
  • ■アルカリ骨材反応が生じない
    アルカリ骨材反応の恐れはありません。
  • ■優れた固結抑制性能
    化学成分による適正な選別や独自の固結防止材の添加により、優れた固結抑制性能を実現しました。

製造方法

高炉から取り出されたばかりのスラグは約1500℃の溶融状態で、これに加圧水を噴射して、急冷すると水砕スラグとなります。
この水砕スラグを軽破砕し、粒度、粒形を整え、固結防止材を添加して高炉スラグ細骨材を生産します。

高炉スラグ細骨材製造

使用例紹介

▲尾道市民病院
1999年12月竣工
施主:尾道市役所
施行:戸田建設・葉名組共同企業体
打設数量:1,200m3

▲府中公共職業安定所
2000年1月竣工
施主:国土交通省
施行:鈴木工務店・道下組
経常建設共同企業体
打設数量:1,171m3

技術論文・報告

  • ◆高橋智雄,木之下光男,光藤浩之,吉澤千秋:
    高炉スラグ細骨材用固結防止剤の開発,コンクリート工学,
    Vol.40, No.11, pp.19-25, 2002.
  • ◆光藤浩之,吉澤千秋,高橋智雄,木之下光男:
    高炉スラグ細骨材の固結防止技術、コンクリート工学年次論文集
    Vol.26 No.1 Page.87-92 2004.
  • ◆桐原理, 光藤浩之, 高橋智雄, 木之下光男:
    高炉スラグ細骨材の固結防止技術、
    JFE技報 No.19 Page.33-37 2008.
  • ◆コンクリ-ト用高炉スラグ細骨材、
    JFE技報No.19 Page.47-48  2008.

お問い合わせ先

製鉄関連総括部
TEL:03-5445-5213   FAX:03-5445-5222
お問い合わせフォーム

PAGE TOP

サイト利用時のお願い

個人情報の取扱いについて

Copyright©2012 JFE MINERAL Co., LTD. ALL RIGHT RESERVED